2014年2月20日

描き文字

これは、関西でイラストのお仕事を始めた当初からお世話になってるエルマガジン社さんのお仕事です。こんな感じの、人物以外の絵、描き文字もたまに描いてるんですね〜。特に、この感じの描き文字、最近わりと好きです。絵を描くときより集中して何枚も書いてますが、なんか気持ちいいです。アラ写経が愉しいお年頃?描き文字の御発注、お待ちしております。どっちかっつうと、絵よりも待ってます。怒られる。誰に?



2014年2月19日

妄想ロックフェスin西池


その昔、チャンキーと音楽家のオカノアキラ氏が組んでいた『33』とゆう、簡単にゆうとオモシロおやじユニットがありました。そして、その二人の音楽活動を支える、とゆう名目で、それぞれの嫁が、たまたま美大卒とゆうこともあって、おもしろバンドグッズを作って販売して、まあ楽しんでおりました。

さて、『妄想ロックフェス』展とは、21人のイラストレーターや漫画家が、架空のバンドTシャツを制作し販売するとゆう、秋田のTシャツ工房6jumbopinsさんの企画です。展示はギャラリーポポタムさんでした。
展覧会では、参加作家の皆さんの妄想上のバンドのエピソードから、CDジャケットの制作や、はては現実に音楽やライブまで行われ、妄想の力は偉大だなと思いました。
Tシャツは、展示が終わった後も引き続き、ポポタムさんで通販しております。
http://mosorockfes.theshop.jp/ 安い!

私は、その『33』のグッズ販売の時に作ったロゴ?のようなものがあったので、それで参加しました。なので、私の妄想した、夫を支える『ヨメハンズ』とゆうバンドのエピソードは半分実話なのでした。

デザインは自分なりにはロックなつもりなんですが、まわりのフジロックテイストからすると相当オールドスタイルですね。
でもそこがイイ!ロックな嫁の皆さん、是非お買い求め下さいネ!
つつましく、あつかましく。色は白くて腹黒い。ツノを隠してチチ隠さず。
(写真のは特別に黒割烹着に刷ってもらったものです)