2011年7月30日

西荻かおあわせ展の様子

いつの話やねん!ですが、夏前に開催させてもらった「西荻かおあわせ展」予想以上にご来場頂き、有り難う御座いました。チャンキーが紙切り似顔絵した西荻の店主さんはじめそのお店のお客さんもいらしてもらったりで、たくさんの西荻界隈の方にお会い出来ました。私はいまだかつてない紙雑貨の売れ行きに驚き…結局ほぼ毎日通う程、本当に楽しかったです。色々本当に親切にしていただいたギャラリーノンさんに感謝です。ノンさんにも、「お店でも普段とは違うものが売れて、なかなか行けないご近所のお店の方とも会えてよかった」とのお言葉を頂きました。この、ご近所店の紙切り似顔絵と紙雑貨による「◯◯かおあわせ展」として、各地廻れないかしら?あかんかしら?
(写真は普段とってもお洒落なお店なのに、店長自らのれんを作ってくださいました!感謝)

2011年7月25日

グループ展その後

平成鯰絵展
ポポタムさんにて展示していただきました。(←click)
ポポタムさんが版元となって企画された鯰絵が、活版やハンコやプリントゴッコやリソグラフ等様々な手法の刷り物セットになって、楽しい企画でした。私の分は、切り抜いて組み立てるとこんな感じでした。

瓢箪鯰とゆうと、猿が瓢箪を掴んでる図柄が多いですが、もう自ら、押さえ込む感じでドピンク瓢箪ちゃんがんばってます。そして鯰も平成版はデンキナマズになっております。原発諸問題封じ、ホントお願いなのです。





赤べこ展
代官山チョロンさんで展示させていただきました。(←click)


結構悩んだ挙げ句、割と普通に夫婦べこ、と思ったのに途中でまた電気問題が頭から離れず、100均コンセントを買ってまで、その上彫刻刀で削って民芸風?にしてまで、繋いでしまってました…。「夫婦べこ/自然な愛のエネルギーで接電中♡」。
むー、手を動かしてると、最終的に思いもよらない事になることが多くて自分でもビツクリです。


こけしえん
クラスカさんでの「ドーのこけし展」に
オチャマンテとして参加させてもらいました。
(←click)

東京まだまだ知らんわたくし、存じ上げませんでしたが、とてもオシャレなお店なんですね。そんな場所にこんなん置かせてもらえて恐縮、いや光栄です。
どさくさでまたもや瓢箪までも…。ありがたや。

いやー、色々参加させていただきましたが、楽しいですなグループ展は。色んな方と共演させてもらうフェス気分かしら。また機会あれば色々参加させてもらいたいです。

2011年7月21日

西荻で青空亭展

西荻で出会った、いい感じの洋服雑貨屋さん
お話させてもらってて、店先のギャラリースペースで
チャンキーの切り似顔絵と私の紙ものなどを
展示させてもらうことになりました!

2011.7.29(Fri.)~8.7(Sun.)

青空亭紙モノ展-西荻かおあわせ-

青空亭紙モノ展-西荻かおあわせ- 

イラストレーター「チャンキー松本」「いぬんこ」夫妻のアートラボが青空亭です。
二人は関西を中心にイラストの仕事やイベントに参加してきましたが、6月より東京に移転、その活動の場を広げようとしています。
チャンキーの切り絵、いぬんこのイラスト、共に手の先から躊躇することなく創り出されて来るその作品には江戸時代の浮世絵や大津絵の絵師と共通する絵心や香りがあります。
今回の展示ではチャンキーは一癖二癖もある西荻友達連を切り絵で描いたり、いぬんこは夏らしくちょっと可愛い妖怪の絵と紙モノなどを展示します。
東京初展示、ご挨拶がわりの青空亭展覧会、是非ご高覧下さい。
※いぬんこはNHK教育番組「シャキーン」や雑誌、装画等でイラストを担当8月に初の絵本を出版予定しています。
営業時間:13:00〜19:00(展示会最終日は17:00迄)
月曜定休
【チャンキー松本の似顔絵切り絵】
■開催日:7月30日(土)、31日(日)、8月6日(土)、7日(日)
■時間:終日
■参加費:お1人様 700円
【紙切りパフォーマンス】
■開催日:7月30日(土)、8月6日(土)
■時間:3時~
■入場無料


よろしければ、是非御立ち寄りくださいませ。

2011年7月19日

おかめ列車

お話いただいてから半年。
やっとこ発車、準備前の入庫いたしました…。
いや、入校いたしました。2月に引き続き7月はまた朦朧月になって描きまくりました。

8月下旬に発売されます。
ホンマに…これでよろしいの?と何度かドキドキしつつですが、何とぞ宜しくお願い致します!

最初に私のメモ描きの中から「この『おかめ列車』で行きましょう!」との、大胆な発案から最後まで優しく励ましお付き合いいただいた長崎出版敏腕編集瀬尾さんはじめ、ぎりぎりまで粘っていただいたデザイナーの大塚さん、なにより行き詰まっていた時にお話のアイデアいただいた西田俊也さん、ずっと一緒に考えてくれた旦那さんにもありがとうございました。また発売時期に詳細お知らせさせていただきます。

おかめ列車を初めて描いたのは、扇町ミュージアム閉館時の展覧会でした…。まさかそのあと、ettさんのPVを経て、そんな度々登場することになろうとは…。


ちなみにettさんのPVで 動く おかめ列車?はこちらで見れます。