2011年5月27日

あなけもん


けものが かけぬけた。
みんなの中に想定外の大きな穴があいた。 
でも、その実体は いまだになぞだらけ。
知っていると思っていたことは、本当は何も知らない。
見たと思ったことは、ホントは夢だったのかもしれない。
あの話も ウソだったのかもしれない。
だったら いいのにナ。





=========================







その昔、阪神大震災の後、祖母のお葬式で電車のない神戸の町を歩きました。ビルも地面も電柱も人も、何が真っ直ぐで何が曲がってるのか分からない、あったはずの風景が失われる、その現実はとても受け入れ難いものでした。当たり前と思ってた事はこんなにも脆かったのかと。

今回も、繰り返される災害の映像で、被害に遭われた方の無念さを思うと、猛烈な悔しさと哀しさがこみ上げて、泣いてばかりでした。そして、その後の原発事故では、テレビとネットの温度差が激しくて何がホントでウソか分からなくて、ネットの情報を深く深く探って、その恐怖と不安な情報を読んでは、逆に安心するとゆうような変な精神状態。日々変化する原発と政治の状況を、世界中が息をのんで見つめ、ネットの意見も割れ、ヒステリックに変化していく。しかし一方で、刻々と「汚染」されてるらしいこの街は、一見すれば、以前と変わらず日常の暮らしが淡々と続いている。陽は輝き空も樹々も青く、窓を開ければ気持ちいい風を感じて、とてもここに「放射能」が混在しているとは信じられない。テレビを見ていても、韓流ドラマとバラエティが流れている。ただ一点、テレビも普段の会話でも、できるだけ「そこ」に触れないような気遣いがあることで全体のトーンがうわついている。

=========================

非常時の絵描きなんてのは、何の役にも立たない、無力感でいっぱいになる。
そんな時仕事の資料で、昭和初期の写真集を見ました。戦後の日本と題された写真の数々には、ほんとにこれ70年位前の事?と疑うくらいの焼け野原と凄まじい貧しさと同時に人々のたくましさが写し取られていました。

これなんだなあと思いました。
このカメラマンもおそらく自分も必死に生きながら、目の前で泣きじゃくる子供にパンも与える事も出来なかったかもしれない。ただこの状況を残すこと。それが数十年後の私に届いている。

絵描きは写真に写らない心象風景なら、残せることは出来るかもしれない。
被災地からではなく、メッセージがあるわけでもなく、
ただこの東京の、今の、私の、受け入れ難さも含めた
心の念写を描きとめておくことにしました。

=========================

描きたかったのは、きれいな着色料のお菓子みたいな風景。
普通のようでどこか違う、でも確実に何かが抜け落ちて
少し狂ってしまった、非日常な日常。

知っていると思っていることは、本当には何も知らない。
そんな夢のような現実。
たまらなく愛おしい何か。

=========================
あなけもんの展示は明日迄となりました。






2011年5月20日

愛しの座敷わらし

今更日記。「愛しの座敷わらし」文庫本上下刊装画描かせていただきました。

その絵を描いたのは本当に震災の次の日位。あまりにショッキングな映像を見てドキドキしながら、それでも、鈴木成一氏御指令の「おだやかで気持ちのいい、東北の田園風景」を描きました。それも不思議な御縁とゆうかなんとゆうか。。映画化も決定しワイドショーでみましたら、私が想像した通りの、気持ちのいい田園に建つお屋敷に、想像した通りのご家族が、車に辿り着くシーンの撮影をされてて興奮しました。映画、今からとても楽しみです。水谷豊さん主演で来春公開されるそうです。で、お話は、座敷わらしちゃんが本当にかわいらしくて、それをとりまく家族全員もしっかり面白く愛おしく描かれてて、心あったまります。
あー、こんな家に行きたい。
映画の情報

あなけもんライブ

開催中の、「あなけもん画展」のメンバーで「キリイシ」という穴を囲むなら、外せない人達。著作集「キリイシ」を一緒に作ったミュージシャンのビッケさんと、あとがきを書いて頂いた中南米の音楽や文化を日本に紹介し続けるケペル木村さん。とゆうことで、特別に21日の夜にイベントに出演していただく事になりました。


あなけもんライブ

ケペルさんのトーク(山本さん参加あり?)とビッケさんの貴重なソロ演奏。そこに前座というかオマケで、青空太郎(Voチャンキー松本+Kyいぬんこ)が出演します(小声)

ビッケさんとは、切石の命日に実家で御会いしてから、ホンマに公私共仲ようしてもろてます。色々な意味で師匠です。公のほうは、ビッケさんが「ふちがみとふなと」の渕上さんと組んでいる「JB」とゆうユニットで、昨年光栄なことに「ソレユケ」とゆうCDの装画を描かせていただきました。
ケペルさんとはほんの先週、ついに初対面させてもらったのですが、切石をはじめ、ブラジル大好きな鎌倉ディモンシュの堀内さんや奈良カナカナの植島さんら、共通の友人も多くホントに気さくな方なのですぐに打ち解けさせてもらいました。
青空太郎では、なんと、切り絵ショーでビッケさんと、演奏でケペルさんとご一緒してもらうことになって、嬉しい!と同時に大緊張しておりま。す。

あなけもん画展

もう〜はじまってだいぶ経っております。。

あなけもん画展5/18〜28
目白ブックギャラリーポポタムさんにて


“キリイシ”がぬけていった穴の崖っぷちに、吹きよせられ旋回し、そして出会ったなかまたち。
いぬんこ、チャンキー松本、松岡芽ぶき、yamasin、山本精一の画展。
5.18(水)〜28(土)
12時〜19時 23(月)のみ休み
5.21(土)と最終日は〜17時まで
☆5.21(土)「あなけもんライブ」予約中!
出演:bikke、青空太郎(いぬんこ、チャンキー松本)、ケペル木村
anakemon1_web.jpg
anakemon2_web.jpg
切り絵イラストレーター、音楽ライター、ダンサー、アラーキーのモデル…等々、強烈な個性で活躍した切石智子。大学の同級生だった大阪の私の家に泊まりに来るたび、様々な武勇伝を聴くのが楽しかったキリイシ。彼女が逝去してもう7年経ちました。
昨年は、彼女を通じて御縁いただいた仲間が集い、切石著作作品集「キリイシ」を一年がかりで制作し昨年出版したり京都でイベントをしたりしました。
その本をポポタムさんが置いて下さることになり、松岡芽ぶきちゃんの呼びかけで、せっかくなので東京でもグループ展とイベントをしようとゆうお話が持ち上がりました。
芽ぶきちゃんは、イラストレーターで私と切石と同じ嵯峨美の同級生。切石が東京に移り住んだ後も親交が深く、作品集制作の折りから実質諸々の企画まとめ役して下さっててありがたい限りです。

グループ展をするはいいが、さてテーマは?切石を知らなくても見れるような、とポポタムの大林さんも交えて皆で話し合ってた時、たまたまそこにあったカバのシルエットが切り抜かれたカードがありました。そこで、『こうゆう「キリイシ」てゆう謎の生き物が切り抜かれた「穴」自体をテーマにして…穴のケモノで「あなけもの」は?』と私がゆうたんがたまたま採用されました。関西弁的に「あなけもん」。

おととし位から密かに文人画ブームを起こした山本精一画伯のさすがの新作を筆頭に、多分世界に一人のあぶり出し画家のヤマシンさん。印画紙にカラーインクでまさにモダン水墨画とゆうべき画法を
確率しつつある松岡芽ぶきちゃん、そして今回の為に小説家西田俊也さんと新作絵本を描きおろしたチャンキー松本。そしてアタイです。

アタイ…。その後、震災があって、色々筆進まず。。まあ普段からギリギリにならんと出来ない永遠の「夏休みの終わり」人生なんですけど。。その上に、気になる事があると目をそらせない体質なので、もう「穴」テーマに 震災後の 非日常な日常
(byポポタム大林さん)を メモ書きのように描き写してみました。どこか現実感がずれてしまった暮らし…。

よかったら御高覧くださいませ!
そしてまたDMを手渡しとお店置き以外、どなたにも郵送出来てませんで、大変失礼致しました…。

2011年5月19日

久々過ぎて、、

震災前から長いこと、こちら全く更新しておりませんでホントーにお久しぶりです。ブログカウンターを見ていても、前々から一日ゼロとか多くても3…とかだったもので、ついついツイッター位でお知らせなんかもごまかしてました…。そしたら先日「ブログ更新されてませんよね〜」と直にご指摘をいただいて、やっとこ更新することにしましたです。こちらを見ていただいてる貴重なお客様、すいませんでした!有り難う御座います!!チョロチョロダイジェストで穴埋めしていきますが、とりあえず最新とゆうか、すでに遅しのお知らせから次に書かせてもらいますです。