2010年1月25日

語られなかった言葉…。


イベントは100人位ご来場頂いて、物凄い濃厚な夜になりました。千円ぽっきりで。東京だったら500人位来るって広重さんがゆうたはりましたが。

華乃家ケイさん、bikkeさん、jojo広重さん、大友良英さん、山本精一さん、それぞれの歌、ホンマに素晴らし過ぎて何度も「じーん。」と泣いてまいました…。
内なる重力と念の強い人達が、ホンマに強い想い込めて歌とたらこうなるんや、とゆうのを思い知りました。じーん。

とにかく、みんなを結びつけてくれた縁の中に、切石は生きてる、とハッキリ思いました。そう、どんな時も場所も人にでも、全く動じない度胸と賢さと美貌を持った切石…。
しかし!その正反対の、我々編集部員の、ノミの心臓のヘッポコぶり………。
イベントまで、一杯一杯で、事前にトークで喋る内容を割り振ったのに、緊張で吹っ飛び……。

「切り絵に関してゆうと、大学では案外かわいい絵描いてたんです。で卒業後、当時話題だった毛生え薬の101とゆう商品の、電話受付のバイトを私も一緒にしてまして。今思うと下火だったのか、割と暇で。彼女は手元にあった鋏で、コピー用紙をチョキチョキしはじめ、それがみるみる上手くなった、とゆうのが切り絵アーチストとしてのはじまりだったと記憶してます。」

と、喋るつもりで握りしめていた原稿を、今ここに書いておきます。。
他の3人も同様、語れなくて、ごめーん…切石。
ああ、無念。。

(絵は、毎年描かせてもらってるオシャレ年賀状の図案。額の19て何?と聞かれたので、答えは一休。屏風の虎。)