2009年11月17日

キリイシ

 編集とは、こうゆうことか、と朧げ乍ら体感させてもらった日々でした。
 共通の友人を亡くした縁で仲良くなった私たちが、物書きであったその友人の遺作集をと思い立って、約一年。音楽家、絵描き、ライター、デザイナー、、畑は近そうでも誰一人本の出版なんてしたことない。

 どうゆう本にするか、そのデータはどうするか、資金は、作業は、告知は、流通は、、等々、次々に押し寄せる難問に、まあ〜御丁寧に全てブチあたり、何度も話し合い、やっとこどうにか先日ついにアサヒ精版さんに入稿できました。

 遺品のmacより膨大な文章群をCDに取り出し、その中からどれを載せるか決めて、次に掲載元の出版社編集部を直接訪ね許可を頂き、当時の掲載誌をコピーして整理する。そしてmacデータを、掲載誌に合わせて皆で一字一字、校正していく。小説4本、エッセイや音楽レビュー数十本、総308ページ分。

 その途上にて、エクセルなんか使たことないとゆう御目出度い職業な私たちが、四苦八苦して表を作り、そこに100を超す文章に番号を割り振り、順番通りに整理して、「校正済み」とかチェックしていく。いやホンマ地道な作業を夏から秋、皆でやり抜き、同時に資金為の予約とご寄付のお願いを送ったりするだけでも、テンヤワンヤ…。
 日頃そのような事務作業に慣れてる方からしたら、何が?ゆうかんじでしょうけど、私なんかはその決定的な欠落を痛感致しました。

そんな見慣れぬぎっしり書き込まれたエクセル表が、だんだん編み物みたいに見えてきて…。そこで冒頭の「編集ってこうゆうことか〜」と痛感の胸と目に沁みた訳でございます。


 思えば全くおのおのの個人的で純然たる想いしかなかったところから、こうして物質としての形と重みを持って、この世に降りて来た彼女の本。
また散らばって会いたい人に会いにいかはるんやなあ〜。
美人で破天荒で知的で……人生の天才「キリイシ」。
ほんま、ええ経験させてもろたわ、ありがとう。

切石智子著作制作blog