2009年4月22日

あいのてさん

以前に旦那さんと共演させてもらって以来
大好きな音楽3人組「あいのてさん」。

あいのてさんには今までの自分の中の
「即興演奏を聴くのってなんとのう苦手…」
の意識を変えてもらいました。

石やペットボトルやレジ袋や洗面器…
そのへんにあるもんから次第に音楽が生まれる…。
誰かが出したリズムの波に 乗ったり切ったり倒したり。
その場がまるごと楽器になって 大笑いしたり切なくなったり…。
全員で見えない共通の音映画を体験してるような一体感。
全てが一期一会で肯定的で流れゆくまま、あるがままで…
あ、即興って人生の濃縮図やってんな、と。
その時の動画がyoutubeに




そんな御三人がお坊さんと出逢ってCDを出すと聴いてなんだか納得。
あいのてさんが、富山で子供達や富山の人達と1週間過ごして
お寺や酒蔵でワークショップや演奏会した音源やそうです。

特にお寺で自然に生まれたとゆうナマンダブとゆう曲は
もー阿弥陀如来さんもご参加としか思えない凄さで
聴いてたらなんか開きます。なんかが…。
演奏後に「音楽やってて、いや生きててよかった…」と
泪したらしいですから…。

そして有り難い事に私がジャケット描かせてもらいました。
音源を聴いてたら、丸い穴があいたような大きな風景が浮かんできたので
それを描きました。(表裏見開き)
そこを西遊記風な3人が、音楽でお釈迦さんの手を超えていったはります。

是非ライブ会場で聴いてみて下さい〜